海外での看護師免許を得る方法

基本的に、看護師免許は「日本国が認める」物なので、海外では日本の免許は使えません。そのため、海外で働きたいと思ったときには現地の免許制度について調べて、現地で資格を得る必要があります。
米国でしたら働こうとする州の、それ以外の国でしたらその国の看護師の資格試験に合格しないと「看護師」として勤務することはできません。

日本で看護師資格をもっている人は、各国の看護師を要請する学校・大学等で一から学ばずに短期で免許を取得できる場合がありますので各国の制度を詳しく調べてみて、最短で獲得できるようにしましょう。

卒業証明書や成績証明書等を提出することで、その国の基準に対して不足している単位を取得したり、定められた単位数の病棟実習を修めること、語学試験で一定レベル以上の成績を修めること等の条件がそろえば、受験可能になることが多いです。

なお、国際協力等で請われて諸外国に出向くときは別で、海外の免許がなくても働けることがあります。

看護師の仕事内容を知ろう

看護師の勤務時間は条件によって異なる??

↓↓ 看護師さんで職場を変えたい方は以下のサイトがおすすめです。無料で登録できて、転職先候補を調べてもらえます。 ↓↓
看護のお仕事

コメントは受け付けていません。